契約終了日になるのは債務整理

債務整理、あるいは過払い金といった、お金関連の様々なトラブルを扱っています。

借金相談の内容については、当弁護士事務所のHPもご覧頂けたらと思います。

債務整理をしたいと考えても、任意整理の交渉中に、消費者金融業者が見下すような態度を見せてきたり、免責を手中にできるのか見えないというなら、弁護士にお願いする方がいいのではないでしょうか?小規模の消費者金融になると、顧客を増やすことを目的に、有名な業者では債務整理後という関係で断られた人でも、取り敢えず審査をやって、結果により貸し付けてくれるところも見られます。

不当に高額な利息を徴収され続けていないでしょうか?債務整理を敢行して借金返済をストップさせるとか、と言う以上に「過払い金」が生じている可能性もあるのです。

司法書士または弁護士に連絡してください。

債務整理後にキャッシングばかりか、再度借り入れをすることは許可されないとする制度はないというのが実態です。

それなのに借り入れが不可能なのは、「審査にパスできない」からというわけです。

債務整理直後の場合は、カードローンとか消費者金融のキャッシングの利用は無理です。

任意整理を行なった際も、押しなべて5年間はローン利用は不可能です。

任意整理だったとしても、予定通りに返済することが不能になったという意味では、いわゆる債務整理と同一だと考えられます。

ということで、即座にマイカーローンなどを組むことはできないと考えてください。

既に借り入れたお金の返済が完了している状況でも、計算し直すと過払いが明白になったという場合には、払い過ぎた分として消費者金融業者に返還請求を敢行する、債務整理の一部なのです。

個々人で貸してもらった金融業者も異なりますし、借用期間や金利も異なります。

借金問題を的確に解決するためには、一人一人の状況に一番合った債務整理の方法を採用することが必須です。

この10年の間に、消費者金融であったりカードローンでお金を借り入れたことがある人・まだ返済し終わっていない人は、利息の上限をオーバーした利息、要するに過払い金が存在することがあり得ます。

借り入れたお金はすべて返したという方につきましては、過払い金返還請求手続きを開始しても、損になることはありませんので、心配ご無用です。

納め過ぎたお金を取り戻しましょう。

過払い金と言われるのは、クレジット会社もしくは消費者金融、他にはデパートのカード発行者みたいな貸金業者が、利息制限法を順守することなく搾取し続けていた利息のことです。

債務整理を活用して、借金解決を目標にしている数え切れないほどの人に喜んでもらっている信用できる借金減額試算ツールとなります。

オンラインで、匿名かつフリーで債務整理診断をしてもらえます。

契約終了日になるのは、カード会社の係りが情報を最新化した時点から5年間だそうです。

結果として、債務整理を行なったとしても、5年という歳月が流れたら、クレジットカードが使用できる可能性が大きいと言えます。

任意整理と申しますのは、裁判に頼らない「和解」ですね。

従って、任意整理の対象となる借入金の範囲を自由自在に決めることができ、自家用車のローンを外したりすることも可能だとされています。


Comments are closed