カジノ法案の内容と候補地|カジノ誘致のメリットデメリット

日本にカジノが出来る?話題のカジノ法案の内容とその関連銘柄

カジノ法案の内容とは、日本の観光リゾート化促進をする為に日本国内のカジノ建設を目指す、と言うもので法案が成立と共にカジノ関連銘柄の値上がり期待されます。

ギャンブル施設建設という内容から賛否両論の同案ですが、経済効果の高さから政界でも賛成派が多く、法案成立の見込みは高いと言えます。

それ故に、現時点からカジノ事業の内容を学び、その関連銘柄を理解しておく事に価値はあると考えます。

まず貨幣を扱うカジノに不可欠な物として、紙幣鑑別機があります。

その中で貨幣処理機器の国内トップ企業「日本金銭機械」は参入が非常に厳しい米国カジノでも高いシェアを築いており、国内カジノで同社製品が導入される事はほぼ確実と言えます。

次に、施設を建築するゼネコン。

カジノ法案成立後はオリンピックに向けた国全体の開発とカジノ関連施設の建設も同時進行となる為、最大手の「大成建設」を筆頭に各社の株価の上昇が見込めます。

最後にカジノ周辺地域を守るセキュリティ会社。

カジノ法案反対派の意見内容の中には、カジノ客による治安悪化を危惧する声があります。

その為安全対策の需要増が予測され、トップシェアの「セコム」を初めとして業界全体の需要が伸びるでしょう。

上記以外にも未知の関連銘柄は存在し、それらを見出す為にも今後の法案の進展には要注目です。

カジノ誘致のメリットとデメリット、気になる候補地

日本でもカジノ誘致の候補地に関する話題が増え、メリットやデメリットにも関心が高まっています。

海外には、外国人観光客向けのカジノがいくつかあります。

ラスベガスやマカオなどは古くから有名ですが、最近では、ソウルやシンガポールにも相次いでカジノが建設されました。

特にシンガポールのカジノは、リゾート施設との複合型で、ホテルやレジャー施設が一体となっています。

カジノ誘致の最大のメリットは、高い経済効果です。

カジノには、裕福な外国人観光客が多く集まるので、カジノ利用や宿泊、飲食などで、多くの外貨を獲得できるチャンスがあります。

日本では、外国人観光客が急増しているので、カジノを建設することによって、多くの外国人観光客が集まることが確実視されています。

一方で、カジノ周辺の治安悪化などのデメリットもあります。

それを防ぐためには、カジノ利用者のセキュリティチェックや身元確認を徹底させる必要があります。

カジノ誘致は、メリットだけでなくデメリットもあるものの、経済効果が非常に高いので、その候補地にも注目が高まっています。

日本最大のリゾート観光地である沖縄や、アジアからの観光客に人気の高い大阪は、カジノ誘致に積極的な候補地です。

カジノが違法で逮捕されてしまう理由

日本はカジノは違法であり、発覚すれば運営している側も利用している側も逮捕されてしまいます。

しかし、公営競技やパチンコ屋などが逮捕されないのにカジノはなぜ駄目なのか理由が知りたいという人もいるかもしれませんが、これははっきりとした理由はありません。

ひとついえることは日本はそもそも賭博が禁止されていて、例外的に公営競技やパチンコなどが認められているという形になっているのでカジノは違法になってしまうということになるのです。

一応公営競技にはその競技の振興の目的などがあったり、パチンコはあくまでも遊戯として扱われているので違法にならないという理由がありますが、カジノに関しては完全に違法賭博ということになるので発覚をすれば逮捕されてしまうことになります。

賭博自体は大きな問題があるわけではありませんが、賭博というのは暴力団などの資金源になりやすかったりはまりこんでしまって勤労意欲を失ってしまう人や、身を持ち崩してしまう人がでてくる可能性が高くある程度法律によって規制をしなければ社会秩序が保たれないという側面があります。

そのため、一部の公営競技などを除いては賭博は禁止されカジノなどを運営したり利用したりすれば、違法行為で逮捕されてしまうということになるのです。

img03

参考サイト

まだまだカジノができるかどうかは不明ですが、もしできれば借金苦になる人も増えると思います。

借金苦になると、大変なことになるので、以下のようなサイトを参考にして、注意をする必要があります。

参考サイト:借金苦で自殺する人の理由や借金苦で自殺する人の割合